聖書日課

聖書日課
 

曜日  聖書の箇所  要  点 
日曜日 Ⅰテモテ6章 Ⅱテモテより。使徒パウロは捕らわれの身でした。おそらく皇帝ネロの治世で、 殉教間近な雰囲気が伝わってきます。彼は、自分はもう長くは生きられないと感じていて、そのために愛弟子テモテに、教会での指導者の役割を懇切丁寧に説いています。  特にパウロは、神の霊感が吹き込まれた聖書の重要性を強調しています(3:14-17)。これはテモテを偽りの教えから守り、将来のあらゆる困難に対処できるようにしてくれます。変わりやすく堕ちた世俗社会では、 人々は聞き心地の良い考えを好みます。しかし嘲りや敵意にあっても牧会者は、福音を伝え、神のことばを取り次がねばなりません。
月曜日  Ⅱテモテ1章
火曜日  〃  2章
水曜日  〃  3章
木曜日  〃  4章
金曜日 テトス1章
曜日  〃  2章

 


Page top  

 HOME  主日礼拝  聖書日課・学び会  ニュース Link
  礼拝プログラムの説明 聖書日課   教団へリンク
  乳幼児とご一緒の方 学び会    
    地域集会    
         
 教会の紹介 教会学校  説教  Q&A  Service
教会の歴史 教会学校の約束 メッセージ 教会について
牧師の紹介 教会学校のQ&A キリスト教について
教会内部の写真 教会学校の行事    
池田中央教会の信仰        
          


  わたしたちは、まず聖書を神のことばと信じ、その聖書が伝えるイエス・キリストの十字架とその復活によって罪の赦しをあたえる完全な救い、聖霊のめぐみによる
潔められたクリスチャンとしての霊的、人格的成長をめざす教会です。統一教会・エホバの証人・モルモン教とは一切関係ありません。


  聖書本文は新改訳聖書第三版(©新改訳聖書刊行会)を使用させていただいております。